Wish: $578.7M調達のモバイルコマースアプリ

日本ではメルカリ・フリル、直近でゾゾタウンも参入したフリマアプリが盛り上がっていますが、USではWishというモバイルコマースアプリプラットフォームがアグレッシブな活動をしています。

2010年に設立後、数回のピボットを経て、2011年9月に今のモバイルコマースプラットフォームの原型が出来上がったようです。2014年6月に$50millionの資金調達をし、Facebookでは常に広告が上位表示されていましたが、2015年にはさらにFacebook/Groupon/Zyngaなどへの投資で有名なYuri Milner率いるDST GlobalをリードVCとして約$500millionの増資も完了しています。

wish アプリ キャプチャ
(画像引用元:Appstoreスクリーンショット)

取り扱い商品としては、中国産の低価格な商品が多く、1) 商品受け取りまでの時間がかかる、2) 到着時に既に壊れているなど質に問題がある場合も多い、ためクレームも多いようですが、それでも時間に制約がなくとにかく低価格の商品を購入したいというマーケットを対象にして成長しているようです。USで言うところのスマフォのウォルマートのイメージですので、日本だとスマフォのドンキホーテですかね。もちろん、時間と質の問題もUSやヨーロッパに倉庫を確保し、人気商品の在庫を保持する計画があるなど、改善は進めているようです。

第二のFab.com(最大約$1billionのValuationで合計$330million調達したが、ビジネスモデルを確立できなく最終的に約$15millionで買収された)になり得ると思っている人も多いと思いますが、Wishはスマフォに特化することで差別化し、本気でアマゾン・アリババに対抗していくつもりのようです。(ファウンダーの二人がGoogle/Yahooでサーチに関わっており、リコメンデーション関連の技術に強いというのも私は彼らの強みかと思います。)上記の通りまだ課題も多い中、彼らが今度どのように資金を使い成長していくかが楽しみです。

*Wish資金調達
Wish資金調達
(画像引用元:Crunchbase)

 

BoostInsider 口コミアフィリエイト

昔からある古典的なアフィリエイト・ネットワークをスマホアプリ専用で、若者向けに展開しているのがBoostInsiderだ。従来のブロガーを対象にしたアフィリエイトよりも手軽で、ソーシャルメディアを使いこなすアフィリエイター向きという点で新しい。

スクリーンショット 2015-12-31 17.10.40.png

BoostInsiderは10万人のインフルエンサーと呼ばれる口コミで告知を広げるユーザたちを組織している。アプリを提供しており、掲載中のキャンペーンからソーシャルメディア経由で告知していく。そこから発生した成果に応じて、ユーザに報酬が支払われる。大学生がアルバイト代わりに利用するイメージ。

広告主はアプリDLでは0.5ドル〜5ドルを支払う。若い女性向けの化粧品などの定期購入型EC「fabfitfun」などが出稿している。

スクリーンショット 2015-12-31 17.04.00.png

アプリを見ると提供中サービスのイメージがつかみやすい。リワードメディアと似た動機でユーザを集められるはず。人を集めて運営するアドネットワーク。

国内のリワードは主にポイントアプリが多く、口コミではなくユーザにポイントインセンティブでアプリダウンロードを促すものを中心に流行った。BoostInsiderはユーザリワードはなく、インフルエンサーの発信力でダウンロードや購買を促す正攻法のアフィリエイト。スマホアプリで完結するUI、ミレニアム世代が得意とするソーシャル上のやりとりでバイトができる、という利便性でどこまで伸ばせるか。国内もアプリリワードが逆風にさらされている環境でこのモデルは参考なりそう。

Crunchbase

Techcrunch記事

Androidアプリ

 

AdHawk:新手のアドテク入札ツール

デジタルの運用型広告の入札管理は専門性もそれなり高く、また継続的に効果改善に取り組まなければならない作業だ。手間も多いためセルフマネジメントしている広告主にはなかなか骨のおれる作業だ。

そんな広告運用作業の負荷を改善しよう!と立ち上がった元Google社員たちのスタートアップがAdHawkだ。現在ベータ版を公開中で、直近で140万ドルの資金調達を終えた。

スクリーンショット 2015-12-31 16.27.03

スマホのシンプルなUIでGoggle、Facebook他複数の広告アドネットワークを管理できるツール。素人でも最適運用できるように、ダッシュボードに効果改善の施策が提案され、受けいれれば配信設定が変更される。

運用型広告の複雑性が増し広告オペレーションの労働集約化が進む中で、シンプルなUIで次にとるべきアクションが分かるツールは需要が高い。アドテクの広告マネジメント現場は疲弊しており、業界全体としてもシンプル化のニーズがある。

コンセプトは受け入れやすいが、このツールが提示する配信条件でどれだけパフォーマンス(CPA)が改善するかがキー。パフォーマンス改善しなければ使う意味合いは低い。

CrunchBase

VentureBeat記事

Shuttl インドの通勤事情を改善する

インドの通勤の足:バス。そのバス版のUberを立ち上げたのがShuttlだ。行き先と現在地をアプリから送信すると近くのバスがピックアップしてくれる。インドでは交通事情や大気汚染の悪化で、バスのような公共の移動手段を多用するニーズは社会的に高い。インドのバスのマーケットはタクシー市場より大きく、年間1兆円規模。バス配車のスタートアップはShuttl以外に、Zipgoがあり2社で競争している。

スクリーンショット 2015-12-31 15.59.38

ご当地版Uber。バスでの移動がメジャーなインドならでは。現時点で日に15,000人が乗車しており、急成長を評価されセコイヤキャピタルなどから2000万ドル(24億円)を資金調達。

Uberと同じく、受給と行き先までの距離に合わせた時価での配車サービス。一定の手数料をShuttlが徴収し、バス事業者に残りを支払い。

Shuttle Androidアプリ

PRWebの記事

創業者のお二人

スクリーンショット 2015-12-31 16.04.35.png

(写真:記事:YourStoryより)

CrunchBase

BlackBuck:インドの物流市場発展を担うスタートアップ

インドの経済発展に合わせて、広い国土を結ぶ物流ネットワーク(物流市場)も2020年まで年平均12%の成長が見込まれ、市場規模は3000億ドル(36兆円)も拡大する見通しだそうだ。

※インドの国土面積は約328.7万km²で世界第7位、人口規模は12億人(2011年)で中国に次いで世界第2位の大国である。(データ)

そのような背景でBlackBuckという物流構築スタートアップが2000万ドルの資金調達した。BkackBuckはEコマースなど小売事業者と、運送業者をつなぐテクノロジーだ。

スクリーンショット 2015-12-31 15.16.47.png

画像引用元 TechInAsia)

このTribe感たっぷりのトラック野郎を見て欲しい。確かに物流網の構築は日本では想像できないくらい必要性が高そうだ。このトラックが広い国土のどこを走っているか!?なんて今までは追えなかったし管理もしていなかったはずだ。もちろん車載ナビもないし、スマホはあっても圏外、データプランは使いません。ということもありえる。だから今、これから!なのだろう。

輸送手段のマーケットプレイスのような存在で。大手ECサイトや物流を使いたい事業者をクライアントとして持っており、需要に合わせて運送業者の確保を担っている。ECなどが急速に成長するに合わえて物流網の構築が急がれるがAmazonやEC大手Flipcartくらいしか自社物流を構築できていない。Blackbuckはそれよりも規模の小さい事業者の物流構築を支援する。

モバイルを活用して運転手にダイレクトに配送指示を出せるインターフェイスを持ち、需要によって変化するオークション制の価格設定で、柔軟に物流リソースをクライアントへ提供する。

インドに期待されるこれからの発展と合わせて伸びる事業機会に取り組むBlackBuckにはすでに2500万ドルが投資されている。

CrunchBase

TechinAsiaの記事

インドのスタートアップシーンに注目

インドのスタートアップシーンに注目しています。仕事柄、海外のスタートアップの資金調達ネタとかを見ているのですが、最近はインドスタートアップの大型資金調達のニュースが非常に多いです。シリコンバレーなど世界の最先端のサービスのインド版がぼこぼこ出ています。人口が中国を超える可能性もあるこれからの急激な発展が期待されている国でもあるので、投資も集まりやすい環境なのでしょう。

ネットプライス(現 BEENOS)の代表だった佐藤氏がインタビューでインドのスタートアップシーンについて語っていますが、その可能性の大きさに興味がわきます。

スタートアップ、インドの時代が到来する
ベンチャーキャピタルBEENEXTの佐藤輝英氏に聞く(日経ビジネス2015/10/02)

2014年に誕生したモディ首相がスタートアップへの投資を誘致を促進していることも大きいようです。来年1月にはStartUp India構想が発表されるとの報道もあります。 Action Plan on ‘Startup India’ to be unveiled on Jan 16

スクリーンショット 2015-12-29 22.22.57

モディ首相 Wikipedia

さらにインドのスタートアップ業界を支えるのはアメリカで留学した、もしくは就業していた人たちが続々と帰国して、新たに企業していることです。Googleなど世界的なIT企業で活躍した強者が企業してるのだから事業推進もプロです。BeeNext佐藤氏がインタビュー中でも語っているので、納得がいきます。

このブログでは今後は個別のインド・スタートアップ企業も紹介していきます。

Mediumについて

GoogleのBlogger、Twitterを創業したエヴァン・ウィリアムスが3年前に

始めたMediumが注目されていますが、私もこの「誰でもアイデアをシェアするためのプラットフォーム」に注目しています。個人的にはまだMediumを掴みかねております。ブログのように記事を執筆するサービスであるが、通常のブログより人(や会社)を検索し、フォローするよう促しており、そして白地でシンプル、広告バナーのないデザインも特徴的です。さらに国内も含め、参加している執筆者がブログよりもきっちりした記事、よりプロに近いノリで書いているように見受けられる点も一般的なブログと違うように見えます。

国内の有名起業家・VCが執筆するThe First Penguinもスタートアップ界隈でよく見られているMediumで展開されるアカウントになります。

CEOのエヴァン・ウィリアムスが最近、Re Codeのラジオチャネルでインタビューに答えています。

スクリーンショット 2015-12-29 21.32.43
エヴァン・ウィリアムス

エヴァン・ウィリアムスのインタービュー

彼が解説するMediumは、既存のブログよりもより、1)執筆者と読者の双方向のコミュニケーションを促進する、2)ユーザの利用体験を悪くするものを排除、3)ハイライトとして注目記事をユーザにPUSHするようなメディアプラットフォームとしての役割もある。4)より深いことを語る・出版できる場として運営している。 ということを上げています。

DIGIDAYの記事によるとメディアからもMeduimは注目されており、自社の記事を全てMedium上へ移行した企業も表れてそうです。

コメント活性化のために「Medium」上でメディア運営 〜ブログメディア「The Awl」の決断

この記事はMediumが双方向のメディア運営するために適したいる場だとの期待値を表しています。Mediumでブログ・メディアを移行した企業には以下の様な企業があります。

The Awl

DiscoveryNews 宇宙・自然界についての発見など

Fusion スタートアップ・仕事の仕方などについて

Mic 政治・技術などアメリカで話題になりそうなトピックについての記事を発信。

Nemanの記事によるとこれらのメディアが移籍することを選んだMediumの魅力について以下の様に記載しています。

1)新規投稿用のAPI  このAPIの利用でMediumへ他のプラットフォームから記事を更新できます。Wordpress対応のプラグインを用意しています。

2)アプリからの更新 iOS/Android両方のアプリが用意されており閲覧だけではなく、記事の更新にも使われているそうです。

3)カスタムドメイン Medium上で自分の好みのドメインでアカウントを運営できます。

これらの機能も支持されている理由の一つのようです。メディアがわざわざプラットフォームを乗り越えるMedium。エヴァン・ウィリアムスとチームがどんな方向性で進めるのか、今後の展開が期待されます。

AppSuleブログについて

こんにちは。AppSule(アプセル)ブログ編集者Nです。

このブログでは自社サービスなどの告知にとどまらず、

主にはスタートアップ業界の気鋭のサービスの紹介、

業界トレンドについてなど書いていく予定です。

このブログの編集チームは海外動向もチェックしておりますので、

そちらも解説していくようにいたします。

初回はご挨拶のみになりますが、今後よろしくお願いいたします。

AppSule(アプセル)ブログチーム一同