payjoy スマホ、低所得者層向け提供、“hardware-as-a-service” 

スクリーンショット 2016-12-16 10.35.30.jpg

Payjoy(https://www.payjoy.com/)

ペイジョイ:低価格のスマートフォンを売り出す会社。世の中にはネットへのアクセス可能な環境に住んでいるが、スマホを持てない人が20億人いる。ユーザは地元の販売代理店の店頭で、facebookアカウント、電話番号、身分証明書でユーザ登録し、奨学のデポジットを入金するとスマホが使えるようになる。提供されるスマホにはPayjoyのソフトウェアがインストールされており、端末のアクティベーションを管理している。端末価格が平均600ドル、月額利用費が55ドル。競合の価格の半分くらいでの提供を目指す。このビジネスモデルは、通信キャリア、端末メーカー両方から支持されている。通常はスマホを契約出来ないような信用力の消費者にもスマホを提供できるようになるため。

既存のキャリアがカバーしない信用力・与信の低いユーザセグメントを対象としている。与信リスクの管理ノウハウが高まれば、既存大手キャリアやGoogle・FBなど端末保有者を囲いたい企業による提携希望も増えそう。

スマホ提供を軸にした金貸し業。ユーザに提供する端末本体価格を立て替える代わりに初期コストに50%〜100%の利息が乗せて請求する。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。