Door dish: レストラン料理の配達

Door dash(https://www.doordash.com)

スクリーンショット 2016-05-29 16.37.26.jpg

ドアダッシュはフードデリバリー系スタートアップの最大手の一つ。22の都市で展開中。利用者はアプリからレストランを検索し、メニューをオーダーする。オーダーを受けたドアダッシュは、オペレーターがレストランに連絡して料理してもらう。契約ドライバーが配達する。料理の代金のほか、1オーダーに5ドルの配送などの手数料がかる。ドライバーへの支払いもこの料金に含まれる。初期に展開したサンフランシスコなどの都市では黒字化している。ドライバーは2つ程度のサービスを使い分ける。ドライバーの定着が課題になっている。平均的に数ヶ月しか働かないそう。

ドアダッシュのビジネスの価値は、配達サービスという以上にアプリを通してユーザの購買行動がデータとして取得できること。料理を配達するネットワークを活用して他のビジネスに拡大することも考えられる。初期の立ち上げコスト(投資)が高く付くモデルのため、結果を残しながら追加資金を調達して拡大している。

ドアダッシュがユーザ、レストラン、ドライバーの間を取り持つ。支払いは基本的にクレジットカード決済。ドアダッシュからドライバーとレストランに支払われる。運営コストがそれなりにかかるため、初期は赤字になりやすい。

スクリーンショット 2016-05-29 16.37.44.jpg

Crunchbase

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。