Streamroot: モバイル動画時代の省エネサービス

動画動画と囃し立てられる2016年。TV・モバイルなどから動画を見たい、需要はどんどん膨らんでいます。他方インターネットのインフラはその需要と比例しては拡大しません。そんな成約条件を工夫とテクノロジーで解決しようとするのがStreamrootです。StreamrootではPeertopeerを応用して、ユーザ間でも動画データを共有し、ホストサイトのサーバ負荷を軽減して、動画ダウンロード・閲覧をスムーズにしようとしています。

動画サービスを運営する上での課題:多数の端末から動画閲覧リクエストがくることでCDNの処理が追いつかない。

スクリーンショット 2016-01-17 15.40.36

StreamrootStreamrootではこの処理を軽減する工夫を以下のような方式で実施。

スクリーンショット 2016-01-17 15.40.43.png

ビデオストリーミングサイト向けのソリューション。Streamrootを活用すると動画ストリーミングの帯域幅、配信時間、配信データ量などの性能を改善できる。Streamrootを活用すると動画閲覧時に分かるほどの差が出るらしい。仕組みはPeer to peerでコンテンツサーバからではなく、ユーザ間でファイルの共有を行う。そのため、サーバ負荷が低下することでパフォーマンスが上がるそう。

動画サービスにおけるストリーミング速度とコストが下がるのは、今後さらに動画需要の拡大が期待される中で嬉しいかぎり。配信サーバだけでなく、端末にあるデータを活用する点も設計アイデアと工夫が秀逸。

ビジネスモデル: 利用プランは2種類。1)月額課金のSaaSモデルは中小企業向け、2)大手には別見積もりのエンタープライズモデル。
動画サービスが継続的に利用する状態になり、導入後の切り替えは重そう。スイッチングコストの高い、顧客積み上げ型のビジネスと推定。

調達金額:262万ドル

Crunchbase

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。