HomeJoy亡き後の模範を目指すThe Happy Home

昨年、市場に大きな驚きを巻き起こしたHomeJoyの撤退から何を学ぶべきなのか。この市場機会をものにすべく、取るべき経営モデルをどう成立させるのか。Homejoyの最速最大化、トップラインを伸ばす勢い重視の物量作戦のリスクの高さが認識され、そこを埋める新しいモデルに期待が高まっています。

そういう背景の中、奮闘しているThe Happy Home(THH)をご紹介します。

スクリーンショット 2016-01-16 22.02.19.png

家の修理、メンテナンスのサービスを担当する専任スタッフを付けてくれるサービス。顧客の要望(修理など)に合わせて最適な業者を付けてくれる。担当スタッフに顧客が継続的な契約を結び、サービスをオーダーすることで成果に繋がるサービス。the happy homeではHomeJoyなどの先行し失敗したサービスを反面教師に、成立するパターンをじっくり試した。その結果、100万ドル分のサービスがオーダーされるにのに384日を要したが、次の100万ドルは38日で達成した。これまでに最大で発注単価、400万円クラスの発注が入った。

スクリーンショット 2016-01-16 22.07.59.png

参入障壁が低いサービス。フラッシュセールのように多数が参入している。ビジネスモデルが成立するためには、担当者と顧客が継続的に利用する関係と仕組みが必要。それが成立する条件は運営オペレーションと、担当者のレベルの高さ。the happy homeはその成立条件の見出しを優先したという点が秀逸。参入障壁が低いサービス。フラッシュセールのように多数が参入している。ビジネスモデルが成立するためには、担当者と顧客が継続的に利用する関係と仕組みが必要。それが成立する条件は運営オペレーションと、担当者のレベルの高さ。the happy homeはその成立条件の見出しを優先したという点が秀逸。参入障壁が低いサービス。フラッシュセールのように多数が参入している。ビジネスモデルが成立するためには、担当者と顧客が継続的に利用する関係と仕組みが必要。それが成立する条件は運営オペレーションと、担当者のレベルの高さ。the happy homeはその成立条件の見出しを優先したという点が秀逸。

(ビジネスモデル)サービス提供エリアごとに顧客とサービス担当を獲得するモデル。初期に対象とするエリアで成功モデルを作れるかどうかがキー。ビジネスモデル:売上はサービス担当者の利用料と、発注されたサービスの手数料。

CrunchBase

TechCrunch記事

 

投稿者: ノダサトシ(アプセル代表)

テクノロジーやビジネスのトレンドを幅広く追っています。モバイル、広告、メディア関連の仕事に15年関わっています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。